名入れ商品を作るメリットは会社の知名度をアップさせるためです。

オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?
オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?

名入れ商品を作る

会社名やロゴが書かれてある製品を見かけたり、もらったことがありませんか?
最も一般的なのがボールペンなどの文具製品です。
なぜ企業ではこのような名前入りの製品を作るのでしょうか。
その理由は会社の宣伝のためです。
それをできるだけ多く作成して配布することでその会社の知名度をあげることが出来ます。
また会社でイベントなどを開催したときにそれを配ることでより一層宣伝効果が高まるのです。
それではこれらのネーム入り製品はどこで作ってもらうことが出来るのでしょうか。
オフィス用品を専門で販売しているところであればどこでも請け負ってくれます。
どのような製品に名入れをすることができるのかを詳しく見ていきましょう。
タオルも名入れの需要が高い製品です。
銀行や信用金庫などで名入りタオルをもらったことがあります。
タオルの端付近に大きくその会社の名前、住所、電話番号が書かれています。
そのタオルを使うたびにその会社名が目に入りますし、洗濯物を干していてもそれが目に入ります。
それによってその会社名を目にする機会が増えるので自然と認知度が高まっていくと考えられます。
筆記用具も名前入れ需要が非常に高い製品です。
オフィスでも学校でもその企業名が入っている筆記用具を使っていればやはりタオルと同じように自然とその会社名が目に留まるようになります。
クリアファイルに名入れを依頼するオフィスも増えています。
ちょっとした書類を入れるのに普段からクリアファイルはよく使われている事務用品の一つです。
これにロゴや会社名を入れて大勢の方に配ることで高い宣伝効果が得られるのです。
附せんやメモに名入れサービスを依頼することが出来ます。
それを得意先やお客様に配布すればまたそれも会社の認知度アップに貢献してくれるのです。
ネックストラップに名入れを希望するケースも増えています。
オフィス内で身分を証明するためにネックストラップに社員証やIDを付けていたり、携帯電話を首から下げている方がほとんどだと思います。
そのネックストラップも会社名が入っていて全員が同じ物を付けていると統一感がありますよね。
うちわも名入れを希望される企業が多いです。
よくイベント等で配っているのをもらったことがあるかと思います。
他にも依頼すれば様々な製品に名入れを依頼することが可能となっています。
名入れ需要が高い製品に共通して言えることは日常的に使用頻度が高い製品ばかりです。
それにより知名度を上げることができますので、非常に効果的な宣伝方法だと思います。

関連リンク

  • 今からでも遅くないので、コピー機について詳しくなろう。コピー機の博士になれるかも!?

Copyright (C)2016オフィス備品を考える!要るものは?要らないものは?.All rights reserved.